医療用ホームページのガイドラインへの対応について

TOM通信

“飲む育毛剤”、女性薄毛治療薬とは

女性の薄毛治療と言えば、シャンプーやトリートメント、育毛剤等、内側からではなく外側からアプローチするものが一般的ですが、薄毛専門院では外側のみではなく内側からのアプローチも行います。
内側からの治療は、一般的な育毛剤のように、頭皮に塗布して使用するのではなく、錠剤として内服するものになるので、「飲む育毛剤」とたとえられる事があります。
ここでは、その「飲む育毛剤」である「内服治療」について、詳しく説明していきます。

女性には危険?!男性薄毛治療に欠かせないプロペシアとは

男性の薄毛治療に必須と言っても過言ではないお薬に「プロペシア」があります。
プロペシアとは、主成分をフィナステリドとした、AGA(男性型脱毛症)の経口タイプの治療薬となります。

そもそもAGAは、男性ホルモンテストステロンが還元酵素5αリダクターゼと結びつく事で悪玉ホルモンジヒドロテストステロンへと変換されることにより生じる薄毛症状のことを言います。
プロペシアは、還元酵素5αリダクターゼを阻害する働きを持ちます。そのことで、ジヒドロテストステロンが抑制され、AGAの症状である、抜け毛を軽減する事が出来ます。

簡単に言うとプロペシアは抜け毛を抑えるお薬です。
抜け毛の抑制は、薄毛にお悩みの方にはとてもうれしい働きです。
しかし実は、このプロペシア、女性の服用は推奨されていないのです。

何故女性はプロペシアの服用をしてはいけないの?


男性の場合、5αリダクターゼを阻害することで薄毛の症状を緩和する事が可能ですが、そもそも女性の場合は男性と薄毛になる要因が異なっているため、プロペシアを服用してもあまり効果がありません。
女性のプロペシアの服用が推奨されないわけは、効果が乏しいからということではなく、女性ならではの性質が関与しています。

プロペシアの有効成分である、フィナステリドが体内に吸収されると、おなかの中にいる男の子の生殖器官に発達異常を起こす可能性があるとされています。ここで注意が必要なのは、内服しなければ問題ないというわけではなく、プロペシアの錠剤に触れるだけで有効成分が体内に入りこみ、胎内の男児に影響を及ぼす可能性があるので、触れることさえ危険だということを念頭においておかねばいけません。

リスクがある上に女性にはあまり効果がないということから、妊娠していなくても女性の服用を推奨していません。

女性は何のお薬を飲めばいいの?


プロペシアを服用できない女性の為に、ドイツのMerz Pharmaceuticals GmbH社が開発したお薬があります。それがパントガール(Pantogar)です。
薄毛と言えば、一般的に男性の悩みであるとされていた為、男性薄毛を改善する治療薬はプロペシアをはじめミノキシジル、ザガーロなど数多く存在していますが、パントガールが開発されるまでは女性専用の薄毛治療薬は存在していませんでした。そのため、女性の薄毛治療と言えば内服ではなく注入治療が主流でした。注入治療は確かに効果が高いのですが、どうしても費用面が高くつくというデメリットがあります。パントガールは比較的コストを抑えて治療できるということから、飲む育毛剤と言われています。
パントガールパントガールに含まれる主成分は以下の6つです。
チアミン
パントテン酸カルシウム
薬用酵母
L-システン
ケラチン
パラアミノ安息香酸
これらの成分は、髪の毛や爪を健康に保つものとなっています。プロペシアは5αリダクターゼを抑制することで抜け毛を防止する働きがございましたが、パントガールは不足している栄養素を補う事で薄毛を防止する働きがあります。
つまり、パントガールは栄養補助剤(サプリメント)に過ぎない為、パントガール単体で症状を劇的に改善するのは難しいという事になります。

劇的に症状を改善するには?



プロペシアやパントガールは、抜け毛を抑制したり、髪に栄養が行き届きやすくしたりすることにより薄毛の症状を改善しようというお薬です。そのため、現状維持の要素が強く、今ある髪以上に増やす働きは弱いと言えます。
現状ある髪よりも増やしたい、という要望をかなえるお薬は、ミノキシジルです。
ミノキシジル
ミノキシジルは、アメリカで高血圧治療のお薬として開発されましたが、のちに発毛効果があることが認められ、薄毛治療薬として用いられるようになりました。ミノキシジルには外用薬と内服薬の両方が存在していますが、皮膚から吸収する外用薬では十分な効果を得にくく、ミノキシジルの効果を存分に発揮したい際は内服する事が望ましいと言えます。
高い発毛効果のあるミノキシジルですが、以下のようなリスクもあります。
むくみ
動悸・めまい等
お薬は身体に入れるものですので、十分にリスクを知った上で服用する事が大切です。

症状に合った内服薬を選ぶことがベスト

女性薄毛を解消するには、自分の症状に合った治療法を選択することが一番の近道だと言えます。
TOMクリニックでは、症状を診た上で治療法をご明示致します。また、症状に合わせたオーダーメイド処方も行っておりますので、薄毛にお悩みの方は是非お気軽にご相談ください。

まずは無料メール相談から 無料カウンセリング予約はこちら

TOM通信 一覧を見る

貴女の髪のお悩み、
まずは無料カウンセリングから

お電話でのご予約・お問い合わせは

新橋院
0120-033-039
梅田院
0120-771-373

開院時間 10:00~20:00

メールでのご予約・お問い合わせは