医療用ホームページのガイドラインへの対応について

TOM通信

髪の毛を支える有名な成分は?

髪の毛が健康的に成長する為には、頭皮環境が正常である事が重要と言われています。
その理由は、髪の毛の成長に必要な毛母細胞や毛包の働きに影響が出てしまうからです。

しかし、頭皮環境が悪化してしまうと、これらの働きは悪化してしまいます。
その結果、髪の毛は成長しにくくなり、薄毛へと進行してしまう可能性が高くなります。

正常な頭皮環境を支えるのは、コラーゲン

以上のことから、そうならないように頭皮環境を正常に保つことが重要と言えます。そこで、頭皮環境を正常に保つ為に、大切な成分があります。

それはコラーゲンです。コラーゲンと言うと、顔など美容に必要なイメージが強いと思いますが、顔と同じく頭皮の健康にもとても重要な成分になります。
その理由は、頭皮はコラーゲンが含まれるタンパク質で構成されているからです。コラーゲンが頭皮に存在することで、健康かつハリのある頭皮を維持することが出来ます。

慢性的なコラーゲン不足で、毛穴はなくなる?!

コラーゲンは頭皮の中でも外層部と深層部の間である中間層に存在しており、同じ場所に毛包も存在しておりここから髪の毛は生えています。また、コラーゲンが中間層を支えることで、大切な毛包、毛根部分が保護されていると言えます。

もしコラーゲンが不足してしまうと頭皮のハリが失われてしまいます。そうなることで、毛包を保護する力が弱くなってしまい、毛包、毛根部分にダメージが蓄積しやすい状態になります。
その結果、髪の毛が抜けやすい状態になる可能性が高くなります。

またコラーゲンが慢性的に不足すると、毛穴が徐々に小さくなっていき、最終的には毛穴がなくなってしまうと言われています。

コラーゲンはアミノ酸とビタミンCで合成出来る?!

そうならない為に、積極的にコラーゲンを摂取することが必要になります。

では、どのように摂取すれば良いのでしょうか。コラーゲンと言えば、鶏の皮や豚足などを摂取出来ると思われがちではないでしょうか。また、今ではコラーゲン成分を含む食品が多く販売されています。

しかし、これらの食品を摂取しても、頭皮にコラーゲンが届く事はあまりありません。
その理由は、コラーゲンは摂取すると、体内で分解されてしまうからです。その為、摂取したコラーゲンは分解され、頭皮だけではなく様々な部位に運搬され、消費されてしまうのです。頭皮にコラーゲンを届ける為には、再度、体内でコラーゲンを合成する事が必要と言われています。

このように体内でコラーゲンを合成する為には、アミノ酸とビタミンCが必要と言われています。
以上のことから、コラーゲンを頭皮へ送る為には、タンパク質とビタミンCを一緒に摂取すればコラーゲンの合成量が増えることが期待出来ると言えるのではないでしょうか。その為には、栄養の整った食事が必要と言えます。

食事から、薄毛、抜け毛対策を

また、コラーゲンは加齢により、減少してしまうと言われています。先ほどもお伝えした通り、コラーゲンは普通に摂取すると、アミノ酸に分解されてしまいます。その為、加齢に伴って体内のコラーゲンは減少していく一方です。

その中で頭皮内のコラーゲンを維持する為には、
コラーゲンを体内で合成出来るように食生活の中で工夫が必要と言えます。
またアメリカの実験では、コラーゲンが髪の毛を太くするという事も実証されているようです。

以上のことから、コラーゲンは頭皮、髪の毛にとってとても重要な栄養素になります。コラーゲンを摂取、維持することで、抜け毛の抑制と併せて、髪の毛を太くすることも期待できると言えるのではないでしょうか。

TOM通信 一覧を見る

貴女の髪のお悩み、
まずは無料カウンセリングから

お電話でのご予約・お問い合わせは

新橋院
0120-033-039
池袋院
0120-667-366

開院時間 10:00~20:00

メールでのご予約・お問い合わせは