医療用ホームページのガイドラインへの対応について

TOM通信

薄毛の大敵!髪に良くないシーズンについて

誰でも一度は耳にしたことがある、雨は酸性だから、雨に濡れるとハゲるって話、実際の所どうなのか気になりますよね。
結論から申し上げますと、酸性雨で薄毛になることはございません。

しかし、雨は薄毛と強い関係性がある事は本当です。
その為、雨が多く降る梅雨の時期は、薄毛にならないように対策を練ることが重要です。

梅雨の時期が薄毛になりやすい理由って?

対策を練る為には、何故薄毛になるのかという理由について知る事が大切です。
以下より、梅雨の時期に薄毛になりやすい理由について紹介していきます。

理由1:梅雨は雑菌が繁殖しやすい

梅雨といえば高温多湿でジメジメとした嫌な日が続きますよね。息苦しく、体もどこかダル重い。
そんな人にとって過ごしにくい環境は、細菌にとってはとても過ごしやすい環境となっています。細菌にとって快適な環境であるということはつまり、細菌が繁殖しやすい環境であるということです。
その為、長時間髪が濡れたままでいると、細菌が繁殖し、抜け毛や悪臭の原因となります。
梅雨の時期は、入浴後はかならず念入りに髪を乾かすように心かげましょう。そうすることで細菌の繁殖を最小限に抑え、抜け毛予防へと繋がります。

理由2:髪が傷みやすい時期

外出していると、雨で髪が濡れたとしても、すぐに乾かす事が困難であることって多々ありますよね。
仕方ない事とは言え、雨には塵や埃が含まれており、髪や毛穴を傷つけやすくなっています。その上、髪は濡れた状態だとキューティクルが開いており、ダメージを受けやすくなっています。髪が濡れた状態で長時間いることは抜け毛が増えるだけではなく、髪が傷つき、髪の見た目にも影響してくるので、雨の日、外から家に帰った際はなるべく早く髪を洗うように気をつけましょう。

理由3:血行不良を起こしやすい

頭が濡れた状態でいると、髪が冷たくなってきて、次第になんだか全身冷えて来たな、という経験をしたことってありませんか?
頭が冷えると、次第に体も冷えてきます。冷えは薄毛にとって大敵です。冷えは薄毛の原因と言えるほど、髪にとって冷えはよくありません。髪だけではなく、女性の体調面においても、冷えは良くない事を引き起こす原因となります。体を冷やさない為にも、梅雨の時期に髪が濡れた状態で長時間いることを避けるように心がけましょう。

梅雨だけではない!夏場の髪トラブル

夏は、髪にとって大敵なシーズンです。梅雨が髪にとって良くないのと同じくらい、真夏の日差しは髪によくありません。
以下より、夏が髪に与える悪影響についてお伝えしていきます。

夏場の紫外線の影響

夏と言えば、紫外線ですよね。女性にとって紫外線は白い肌を黒くしたり、シミやそばかすの原因になったりして良くないものであることは確かです。肌だけではなく、紫外線は髪にも悪影響を与えます。
顔や手足に、こまめに日焼け止めクリームを塗る事はあっても、髪や頭皮に日焼け止めクリームを塗る事はそうないですよね。最近では、髪にも使えるUVスプレーなども販売されていますが、実際のところ、髪は肌の二の次になっているのではないでしょうか。
しかし、紫外線の影響を一番受けるのは、ケアを怠りがちな頭皮です
紫外線は、髪にダメージを与える為、切れ毛や抜け毛が増える他、毛が弱弱しくなる原因となります。また、頭皮へのダメージは、頭皮全体の血流を滞らせ、髪の育成に必要な栄養素が届きにくくなってしまいます。頭皮に十分な栄養が届かない事で薄毛になってしまうので、夏場の紫外線には十分に気を付ける必要があります。
日傘をさしたり、帽子をかぶったりして、紫外線から頭皮を守りましょう。

暑い夏の気候により汗や脂の分泌量が増加

夏場は誰しもが汗をかいてしまいます。汗をかくことや、汗で蒸れたままでいること、また脂を分泌することで、頭皮環境が悪化してしまいます。特にオイリー肌の人は注意が必要
です。夏場は他の季節よりも入念に頭皮を洗う事をオススメ致します。頭皮環境を清潔に保つことで、薄毛を予防・改善へと繋がります。

暑い夏の気候による体力の低下・睡眠不足・食欲不振など体への影響

あまりに暑い日が続くと、体力は奪われがちですよね。
特に女性の場合、ダイエット等により体力が減少しがちです。夏場は無理なダイエットは控えるように心がけてください。無理なダイエットは体調の悪化を招くだけではなく、薄毛を招くことにも繋がります。
熱帯夜が続き、寝つきが悪い・・・という場合は、無理に我慢せず、空調を整えることで寝やすい環境を作る事が大切となります。寝付けない日が続く事は当然体力の低下を招き、体力が低下することで慢性疲労を覚え、食欲低下に繋がり、十分な栄養素が確保できない為に薄毛になってしまう。。。ということも考えられます。
夏の負のスパイラルに陥らないためにも、夏場は無理な努力は避け、快適に過ごせるように心がけることで薄毛を予防する事が出来ます。

夏に備えた薄毛予防

このように、夏は薄毛の原因となることが様々です。薄毛に悩んでいる人や、まだ薄毛でない人が、薄毛の予防をする為にはどうしたらいいか。上記の方法を試してみたけど薄毛になってしまった、等のお悩みがある方は、一度薄毛治療の専門医に相談することをオススメ致します。
暑い夏に備えて。髪を守る為に出来ることは早めに相談をしてみることかもしれません。

まずは無料メール相談から 無料カウンセリング予約はこちら

TOM通信 一覧を見る

貴女の髪のお悩み、
まずは無料カウンセリングから

お電話でのご予約・お問い合わせは

新橋院
0120-033-039

開院時間 10:00~20:00

メールでのご予約・お問い合わせは